読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地歌箏曲を愉しむ

琴と三味線の魅力をご紹介します。

水無月

お菓子

半年分のケガレを落として

画像:「水無月」=夏越の祓で食される菓子

f:id:gakei:20160630123317j:plain

 「水無月」は現在では6月30日の夏越の祓に食す菓子として知られているが、もとは旧暦の6月1日に宮中で行われていた「氷の節句」に由来する。冬の間に山から切り出した氷を氷室(ひむろ)に貯蔵しておき、そこから取り出した氷を口にして、夏を健康に過ごせるように祈るというものだ。
 しかし冷蔵庫の無い時代、庶民が夏に氷を口にできるはずがなく、代用として、この銘菓が生まれた。「水無月」は三角形をした白い外郎の上に小豆が乗っているが、三角の白い外郎は切り出したばかりの氷をあらわし、涼しさを演出している。また、小豆には厄除けの意味が込められている。
 一年の折り返しに、甘くもちもちとした(冷たくない)氷とともに…半年分の罪よ穢よさようなら!無病息災こんにちは。

広告を非表示にする