読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地歌箏曲を愉しむ

琴と三味線の魅力をご紹介します。

『夜々の星』

名曲紹介

この恋は、希望の星の光すら絶えて

f:id:gakei:20151123211238j:plain

おすすめ度:★★★★★
難易度:★★★★★
作歌者:皆川 淇園
作曲者:光崎 検校

歌詞:玉櫛笥/再び三度思ふ事 思ふがままに書き付けて 見すれど/海女の潜きして 苅るてふ底の海松布(見る目)にも 触れぬを痛み/頼みにし 筆にさえだに恥ずかしの 軒の忍に消えやすき 露の身にしもならまほし/ならまく星の光すら ~手事~ 絶えて文無くなるまでも 八夜九夜と思ひ明かし 雲井を眺め術を無み/袖の雫に堰き入るる 硯の海に玉や沈めん

広告を非表示にする