読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地歌箏曲を愉しむ

琴と三味線の魅力をご紹介します。

日本のひなた

ひなたの夕暮れは影が寒いよ

長谷寺

清水よりも初瀬の舞台

皮が破れた

青天の霹靂

松は唐崎

松の位(くらい) 吉野、高尾よりも―

お箏屋さん

昼の顔、夜の顔

晩柑

樹果即ち菓子

懐に忍ばせて

慶弔心より

私の一碗

お気に入りの茶碗との出会い

甲斐庄楠音

Romantic Erothist

京の小箱(白)

特別な日には衣化粧を

京の小箱(赤)

鞄の中に忍ばせて

見台

その道具が手に入らなくなる日

琴柱入れ

コンパクトな美しさ

鶴宿

鶴の宿千年の松

唐板

ざんぐりとした菓子の決定版

書きつけて見すれど…

光崎検校『夜々の星』について(その弐)

『都踊』

エブリタイム、ヨーイヤサー

団子皿

うつわに何をのせようか

たまくしげ

光崎検校『夜々の星』について(その壱)

水無月

半年分のケガレを落として

新たな目的

ハレの舞台、その一瞬に向けて

稽古道具一式(お茶)

とりあえず、一服つけようか

はじめて楽しむ茶の湯

初心を忘れないために

落語と三味線

「約束できねぇとき?そんときゃ、もろとも心中だよ。」

常盤饅頭

稽古の後のお楽しみ

楽譜の収納

トランクひとつにすべてを詰め込んで

稽古道具一式(箏・三絃)

楽器さえあれば、これを片手に、どこでも演奏が可能

自分だけの京都

お気に入り開拓の楽しさと知れ渡る悲しさ

京都でしたい10のこと

私が京都でしたいこと(随時更新)

京都観光モデルコース

~地歌・箏曲で巡る京都~こんな旅はいかがでしょうか?

六段最中

~八ッ橋に次ぐもうひとつの銘菓~

味覚で愉しむ箏

〜箏にちなんだ菓子の紹介〜琴柱を模した琥珀糖の作り方

伯牙山

祇園祭、私の山一番

琴きゝ橋跡

『八重衣』

春夏秋冬 今日このごろも、いつだって本調子

『けしの花』

見つけてしまった、その花の名は・・・

『ままの川』

夢か浮世か 嘘か誠か、流されるまま 流すまま

『夜々の星』

この恋は、希望の星の光すら絶えて…

『今小町』

“すべてを知りたいのならば、もっと表面だけを見て。”

『楫枕』

今はただ 流れの身こそ 悲しけれ

『さむしろ』

一層、あなたと出会っていなければ

『夕顔』

心あてに それかとぞ見る 白露の 光そへたる 夕顔の花

『八千代獅子』

あなたの、世の中の、安寧を願う―

『黒髪』

憎らしいほど愛おしく、愛しいほど憎たらしい

宮城道雄の墓

正派発祥の地

山田検校の墓

山田流―その風情は江戸好み

八重崎検校の墓

箏編曲の名手が地歌に新たな命を吹き込む

菊岡検校の墓

これぞ地歌、京流手事物の大成者

生田検校の墓

生田流―箏と三絃の合奏のはじまり